補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版

保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選

補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版 » 加入を検討したら知っておくべきゴルフ保険の基礎知識

加入を検討したら知っておくべきゴルフ保険の基礎知識

ゴルフ保険を選ぶポイントとは…?また、費用対効果を考えたときに少し注意が必要な保険プランも紹介しています。

自分に合ったゴルフ保険を選ぶポイント

ひとくちにゴルフ保険といっても、さまざまなタイプの保険プランがあります。

そのためゴルフ保険を選ぶにあたっては、いくつかの“選ぶポイント”が重要となります。たとえば

…などなど。

そんなたくさんの選択肢がある保険プランの中で、いくつか費用対効果的に注意したい保険プランとういうのを以下に挙げ、各メリット・デメリットをまとめてみたのでご覧ください。

お得にゴルフ保険を選ぶには?

このカテゴリーでは、上で紹介した4つの保険プランについて、さらにくわしくメリット・デメリットなどを解説しています。ゴルフ保険を検討している人はぜひ参考にチェックしてみてくださいね!

まずは、各ページの概要を簡単にまとめてみました。

当日・1日だけのゴルフ保険は意外と割高?

au損保やドコモ、ソフトバンクなどから出ている、当日・1日のみのゴルフ保険についてくわしく紹介。300円~1,000円前後と保険料は安いものの、補償が少ない、プラン数が少ない、携帯を契約していないと入れないといったデメリットがあることを解説しています。

実は損?クレジットカード会社のゴルフ保険

クレジットカードに付帯している、あるいはクレジットカード会社が代理店として販売しているゴルフ保険について紹介。補償の引受先は損保会社なので補償はほぼ変わらないこと、保険料とは別にクレジットカード年会費がかかる場合があることなどを解説しています。

積立型と掛け捨て型はどちらがお得?

積立型・掛け捨て型のゴルフ保険の違いやメリット・デメリットを紹介。積立て型は返戻金でお金が戻ってくるが月に1~2万円と保険料が高いこと、掛け捨て型でも十分補償が厚く予算に合わせた保険が選べることなどを解説しています。

自動車保険などにつけられるゴルフ特約とは?

自動車保険などにつけられるゴルフ特約について紹介。保険プランによってゴルフ特約がない場合もあることや、ホールインワン・アルバトロス費用補償がないなど補償内容に注意が必要なことを解説しています。

ゴルフ保険は経費になる?

ゴルフ保険について考えた際に、この費用はもしかしたら経費にできるのでは?と思った方もいるはず。特に会社の接待や新規顧客獲得のためのゴルフで費用を支払っている保険の場合、経費として認められてもおかしくないような気がしますよね。

果たしてゴルフ保険の費用は会社の経費として計上できるのでしょうか。気になる経費に関する問題と保険以外に発生するゴルフ関連の費用で経費として認められるものがあるのかなどについてご紹介します。

ゴルフ保険は盗難にも適用される?

ゴルフ場でゴルフ用品を盗まれてしまった!というときにも役立つのがゴルフ保険です。しかし、盗難に遭った場合、盗まれたものすべてが必ずしも対象になるとは限りません。 自分はゴルフ保険に入っているから盗難対策は適当にしても大丈夫…と思っている方は注意が必要ですね。 ここでは具体的にゴルフ保険で補償の対象になるものの例や、補償されないものについてご紹介しましょう。盗難はいつ発生してしまうかわからないので、事前に備えておくことが重要です。

ゴルフ保険は前日でも入れる?

ゴルフに行くことになったけれど、前日まで保険のことすっかり忘れていた…!という方でも入れるような保険があります。前日の段階で保険に入っていないと「どうせ何もトラブルは起きないだろうし入らなくていいか…」と思ってしまいがちですが、ゴルフ場でどのようなトラブルがまっているかは当日になってみないとわかりませんよね。 当日トラブルに見舞われてしまい、「昨日の段階で保険に入っておけば良かった…。」と後悔している方もいるので、しっかり準備を整えておきましょう。

ゴルフ保険は複数入る必要ある?

ゴルフ保険は様々な保険会社がサービスを提供しています。そのため、どれにしようか悩んでいる方は非常に多いようです。どうせ悩むのならば、気になる保険に複数加入すれば良いのでは?と思うこともあるでしょう。

しかし、複数の保険会社と契約すればその分保険料が高くなりますよね。そうまでして複数のゴルフ保険に入る必要はあるのでしょうか。保険選びに悩んでいる方のために気を付けておきたい補償重複の問題やデメリットなどについてご紹介します。

ゴルフ保険に加入する際の注意点とは?

ゴルフ保険とは、ゴルフをプレーするうえで何らかのトラブルが発生した時に頼りになるものです。なかには、とりあえずゴルフ保険に入っておけば安心と内容などをよく確認せずに加入してしまう方もいるでしょう。

しかし、ゴルフ保険に加入する前にいくつか注意しておきたいポイントや確認しておきたい項目があります。具体的な注意点ついてご紹介するので、これからゴルフ保険に加入しようと思っている方はぜひ確認してみてくださいね。

ゴルフ保険に加入する流れを紹介

何となく手続きが面倒そう…と思ってゴルフ保険に入るかどうか悩んでいる方もいるかもしれませんが、ゴルフ保険に入っていれば万が一の事態が起きた時に補償が受けられます。実際に保険に加入する際の流れを確認してみると、それほど大変なものではありません。インターネットから申し込みができるので、ぜひ前向きに検討してみてくださいね。ここではゴルフ保険に入る際の基本的な流れについてご紹介します。

ゴルフ保険は第三者(家族・友人・知人)でも加入できる?

ゴルフコースをプレイする時は家族や友人、知人とともにワイワイと回るという方も多いのではないでしょうか?そこで気になるのが保険のこと。家族や友人、知人は加入者と一緒に補償を受けられる対象として加入できるのでしょうか?

ゴルフ保険は法人でも加入できるの?

接待ゴルフやゴルフコンペといった会社がらみでゴルフを行う人も結構多いのではないでしょうか?趣味もゴルフという人なら個人でゴルフ保険に加入するのも問題視しないでしょうが、「会社がらみでしかゴルフなんてしないのに…」という人にとっては個人負担でゴルフ保険に加入するのは複雑な心境ですよね。そんな人にとっては会社がゴルフ保険に加入してくれたらいいのにと思いませんか?はたして、ゴルフ保険は法人でも加入できるものなのでしょうか?

ゴルフ保険が適応されない(対象外)のケース

ゴルフプレイ中の怪我や盗難保障、ホールインワン・アルバトロス費用補償などに保険金が支払われるゴルフ保険ですが、保険金を支払ってもらうためにはさまざまな条件があります。ゴルフ保険が適応されないケースとはどのような場合なのでしょうか?

ゴルフ保険の保険金詐欺とは?

2014年、ゴルフ保険のホールインワン補償を悪用して、保険金をだまし取ろうとする詐欺事件が発生し、愛知県警に男ら3人が逮捕されました。紳士のスポーツとして知られるゴルフにおいて、保険金詐欺は最も悪質な犯罪行為の1つです。ゴルフ保険における保険金詐欺事件の概要や、それが成功しない理由などについて、確認しておきましょう。

ゴルフ保険の保険金に税金はかかるのか?

ゴルフ保険の保険金には、税金がかからない非課税対象の保険金と、一時所得として課税対象となる保険金があります。例えば、ゴルフ保険の傷害補償や賠償責任補償、ゴルフ用品補償などは非課税ですが、ホールインワン補償による保険金は課税対象です。後々に困らないよう、ゴルフ保険と税金の関係を確認しておきましょう。

保険料・補償金額で比較!
ゴルフ保険取り扱い会社3選
  三井
住友海上
AIG
損保
共栄
火災海上
  公式
サイト
公式
サイト
公式
サイト
年間保険料 最安!3,000円~ 3,550円~ 3,970円~
賠償責任
補償
~2億円 2億円 ~2億円
ホールインワン補償 ~100万円 ~30万円 ~100万円
海外補償 〇 〇 ×
自宅補償 〇 × ×
保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選
保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選