補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版
HOME » 加入前に知っておきたいゴルフ保険の基礎知識 » ゴルフ保険は複数入る必要ある?

ゴルフ保険は複数入る必要ある?

ゴルフ保険には様々なものがあります。その中で、どれにしようか悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで、複数のゴルフ保険に入ることを検討している方もいるかもしれません。しかし、複数のゴルフ保険に入る必要は本当にあるのでしょうか。

ゴルフ保険は複数入っておいた方がお得?

「ゴルフ保険は絶対に複数入っておいた方が良い!」と考える方の中には、ホールインワン・アルバトロス費用補償を重視している方もいるようです。

これは、ホールインワンやアルバトロスを達成した場合に支払われるお金のことなのですが、例えば、3社のゴルフ保険と契約をして、それぞれで30万円の費用補償の限度額が設定されていた場合、合計すると90万円に!お祝いの費用を安く抑えればその分手元にお金が残るはず…。

と考える方もいるはずです。しかし、実際には合算はされません。これは契約している保険の中で最も高い保険金額が限度となるのです。

例えば、最も高い保険金が30万円の保険に入っていた場合、1社から20万円を受け取ったとするともう1社から受け取れるは10万円のみという形になるわけですね。

保険に加入する際には他社の保険に入っているかどうか確認されます。そこで入っていないと嘘をついて複数保険から保険金を手にした場合は詐欺にあたるので十分注意が必要です。

もしも詐欺罪で有罪判決を受けた場合、罰金はないので懲役刑がかされます。執行猶予がつく場合もありますが「バレなければお得」なんて考えで安易に複数の保険金を受け取ったりしないようにしましょう。

また、ゴルフをする際に第三者に対する賠償責任保険もありますが、これが重複した場合も1社の保険金の範囲内でカバーできる場合は2社目への請求権は失われます。

重複が起きた場合のデメリット

複数のゴルフ保険に入っていて、補償対象の重複が起きた場合は支払った保険料が無駄になる可能性が出てきます。こういったこともあり、保険会社によっては他のゴルフ保険に加入している場合は保険期間が重なっている限り加入できない制度を取り入れているところもあるのです。

今加入中の保険会社の補償で重複している補償がある場合

重複しがちな補償NO.1は、「賠償責任補償」です。ゴルフに関する賠償責任補償は、他の損害保険でカバーできる可能性があります。

これらの保険で「個人賠償責任」の特約をつけている場合は、ゴルフ保険に加入しなくても十分に補償をカバーできる可能性があります。

もし、賠償責任の特約が付いていた場合は、せっかくゴルフ保険に入っても、ゴルフ保険の賠償責任補償が無駄になってしまうことも。 2つの保険に入っているからといって、両方から保険金が支払われるわけではありません。

どちらか片方の保険から、限度額までの損失を補償してくれるだけです。重複して賠償責任保険に入ってしまうと、保険料を無駄にしてしまうだけなので、これを機に自分が入っている保険を見直してみましょう。

同一保険会社の重複にも注意

複数社のゴルフ保険で重複しないように注意するのはもちろんのこと、同じ保険会社の中でも保険内容が重複することがあるので注意が必要です。

例えば、ゴルフ保険でゴルフ用品が壊れた場合の補償を付けていたとしましょう。ですが、同社の他の保険契約の特約として保険期間中に盗難や物品の破損などがあった場合に保険金が支払われるものを契約していた場合、それらで補償が重複する形となりますよね。

このような特約を検討する場合、ゴルフ用品以外に盗難や物品の破損が心配されるものがない場合、あえて保険契約の特約をつける必要はないでしょう。

複数加入のメリットはある?

結論を言うと、メリットは大きくありません。補償金が少ない保険に加入している場合、高いところにプラスして加入することにより限度額は引き上げられますが、それならば最初から補償金が高い保険を選択した方が良いでしょう。

もともと契約している保険に示談交渉代行サービスがついていなかったなどの理由から他社の保険も契約する方もいますが、この場合も示談交渉代行サービスがついている保険1本でまかなえる可能性が高いです。

「補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版」をチェック>>

補償金額で比較したゴルフ保険3選

三井住友海上

三井住友海上のゴルフ保険「ネットde保険@ゴルフ」の補償内容。インターネットで24時間いつでも申し込み加入という手軽さが魅力的なゴルフ保険です。賠償責任補償を主な契約として、ゴルファー傷害補償特約、ゴルフ用品補償特約、ホールインワン・アルバトロス費用補償特約など、ゴルフ保険では必ず入っておきたい補償が揃っています。

賠償責任補償は、ゴルフ場・ゴルフ練習場だけではなく、自宅で起こった事故にも対応。 A1~A5までのプランに分かれており、もっとも高いA5では賠償責任補償は最大2億円まで対応。賠償責任だけでなく、そのほかの補償額も平均よりも高く設定されているなかで、保険料は年間18,000円。月々1,500円という手ごろな価格でしっかり保証できるプランです。

賠償責任補償の金額 1~2億円
ホールインワン補償の金額 20~100万円

共栄火災海上

共栄火災海上では、プレーで起こり得る事態に備えた保証がワンセットになったゴルファー保険を販売しています。ゴルファー傷害補償やゴルフ用品損害補償など、押さえておきたい補償がまとまっています。中でも、ホールインワン・アルバトロス費用補償が特に充実しているのが、共栄火災海上のゴルファー保険が持つ特徴です。腕に覚えのあるゴルファーにとって魅力的な保険だといえるのではないでしょうか。

プランは補償の手厚い順にQ・L・K・H・Gと分かれており、ゴルフ賠償責任の限度額は2000万~2億円まで補償してくれます。補償額は三井住友海上のプランと同じですが、基本的にゴルフ場やゴルフ練習場で起こったミスに対して支払われます。自宅では練習をしないけれど、ゴルフ場での事故には備えておきたいという方はこちらのプランでも良いでしょう。

賠償責任補償の金額 3000万~2億円
ホールインワン補償の金額 20~100万円

朝日火災海上

朝日火災海上は自動車保険、住宅火災保険、レジャー保険などさまざまな損害保険を取り扱っており、ゴルフに関する補償はレジャー保険のひとつです。ゴルファー傷害補償、ホールインワン・アルバトロス費用補償、ゴルフ用品補償など基本的なゴルフ保険の補償が揃っています。

A~Cの3つのプランに分かれており、賠償責任補償(第三者賠償)の金額は、5000万~1億円とゴルフ保険では平均的な補償額。保険契約は2~3年の長期契約もできるようになっていて、長期契約をすると1年あたりの金額を抑えることができます。長期に渡ってゴルフ保険を契約したいという方は、まとめて2~3年契約にするとお得に補償が受けられます。

賠償責任補償の金額 5000万~1億円
ホールインワン補償の金額 20~50万円
保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選
保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選