補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版
HOME » 加入前に知っておきたいゴルフ保険の基礎知識 » ゴルフ保険は盗難にも適用される?

ゴルフ保険は盗難にも適用される?

ゴルフ保険に入会しようと思っているけれど、具体的にどのような魅力があるのかわからない方もいるかもしれません。例えば、盗難には適用されるのでしょうか。

盗難に遭った場合のゴルフ保険の保障について

ゴルフクラブの中にはかなり高価なものもありますよね。ですが、うっかりゴルフ場で目を離した隙にクラブを盗まれてしまった…という方は少なくありません。 下手をするとゴルフバッグごと盗まれてしまうような悪質なケースもあり、その被害総額はかなりのものになることも予想されます。

そういったときに強い味方になってくれるのがゴルフ保険です。盗難に関する保障がしっかりしているゴルフ保険に加入していれば万が一の時にも保障されるので安心ですね。 しかし、保険に加入してさえいればすべてのケースで補償が受けられるわけではありません。このあたりを勘違いしてしまうと大変なことになるので注意しておきましょう。

それから、一般的に盗難された場合の補償の対象になるのはゴルフ用品なのですが、ゴルフボールについては単品で盗まれたとしても保証されないケースがあります。他のゴルフクラブやゴルフ用品と一緒に盗まれた場合は対象になるケースが多いのですが、このあたりは気を付けておかなければなりません。

どこで盗難されたのか?が重要

一般的にゴルフ保険で補償しているのは、ゴルフ場やゴルフ練習場の中で発生した盗難に対してのみです。つまり、仕事帰りにゴルフに行く予定で車のトランクの中に入れていたゴルフバッグを仕事中に盗まれてしまった!といったケースでは補償されないのです。 では、ゴルフ場内で盗難に遭った場合はすべて認められるのか?というとこれは保険によって保障内容が異なります。ラウンド内でなければ対象にならないものもあるので注意しておいてくださいね。

また、盗難ではなく、うっかりゴルフ場に置き忘れて帰宅してしまい、そのまま行方不明になってしまったようなケースでも盗難扱いにはならないので補償されません。 「ゴルフクラブがなくなった場合にそれを補償してもらえる保険」だと勘違いしてしまいがちなので気をつけておきたいですね。 補償の内容は各保険によっても異なってくるので、各保障内容をよく確認し、どこまで認められるのか理解しておきましょう。物によって認められるものと認められないものがあるので注意しておかなければなりません。

それから、保証があるからといって実際に盗まれたゴルフクラブよりも高価な物を盗まれたと嘘をついて保険を申請する方もいるようです。こういった問題もあるため、保険会社としても盗難への対処は慎重に行っているケースが多く、実際に補償が受けられるまでには時間がかかる場合もあります。

車上荒らしは車両保険で対応

先述したように、車上荒らしが原因でゴルフクラブやゴルフバッグを盗まれてしまった場合にはゴルフ保険で補償の対象にはなりません。しかし、こういった場合は車両保険についている保障が利用できる可能性があるのです。

しかし、盗難防止を心がけるに越したことはありません。普段からトランクにゴルフバッグを積みっ放しの状態になっている方もいますが、これは避けておいた方が良いでしょう。 保険で補償されるとしても手続きなどはいろいろと面倒ですし、実際に補償が受けられるまでには時間がかかることもあるため気を付けておいてくださいね。

保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選
保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選