補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版
HOME » 勝負の時ほど慎重に。ゴルフ保険の補償事例まとめ » 傷害補償

傷害補償

ここでは、ゴルフ保険の補償のひとつである「傷害補償」について解説しています。事例も交えて分かりやすく解説しているので、ゴルフ保険を検討している人は要チェック!

自分がケガをした時の補償

ゴルフ保険における傷害補償とは、ゴルフのプレー中などに自分がケガをしてしまった場合に、保険金が支払われる補償です。

ゴルフはそこまで激しい運動ではありませんが、たとえば

といったような負傷の可能性は大いにあります。軽いものならいいのですが、ケースによっては後遺障害や死亡につながることもありえます。

もしゴルフ保険に入っていない場合、ケガの治療費等はすべて自己負担。大きな費用になってしまう可能性も考えると、傷害補償はとても重要です。

事故・傷害補償とは?

ゴルフのプレー中に思わぬ事故が起きた場合、それを補償してくれる保険です。ケガをした場合だけでなく、死亡した場合にも補償が受けられるものが一般的となります。

ほとんどの場合、傷害補償の対象として認められる条件について少し詳しくご説明すると、まず、予期せぬ状態で突然・急激に起こった事故でなければなりません。

「ボールが当たってケガをした!」であれば急激な事故とされますが、「何度もゴルフを行う内に疲労がたまり、疲労骨折した!」では急激な事故に該当しないため補償外となります。

その場で発生したケガだけでなく、後遺症が残るケガの場合の補償もしっかりしているものが多いです。例えば、ゴルフボールが眼球にあたり失明してしまったり、カートが横転して脊髄を損傷したりすれば大きな後遺症が残ることになるでしょう。

こういった場合の補償も受けられるので、自己負担も大幅に軽くできます。

医療保険との大きな違いもここにあるといえるでしょう。「自分は医療保険に入っているから傷害保険に入らなくても良い」と思っている方もいるようです。

確かに医療保険でもケガをした際の補償は受けられます。しかし、後遺症治療についてはどの医療保険に入っているかによって補償内容が大きく異なるのです。

中にはほとんどカバーされないようなものもあります。医療保険に入っているから傷害は不要だと思っていたものの、実際に長期にわたる通院が必要な後遺症が残った場合、ほとんど実費で負担することになってしまったケースも少なくありません。

事故・傷害補償のメリットについて

ゴルフ場には自分だけでなくたくさんの人がいます。いくら自分が完全に注意点を考慮してプレーを楽しんでいたとしても、その場にいるすべての人がそうとは限りません。

実際にゴルフ場では他の人が打ったボールがあたるなど、他人の確認不足が原因で発生しているケガがたくさんあるのです。そういったものもすべて予防するのは難しいことですよね。

第三者からケガを負わせられた場合、その人が賠償責任保険に入っていればそちらからも補償を受けることができますが、万が一保険に入っていなかった場合や保険金だけでまかなえなかった場合には事故・傷害補償が大きなサポートをしてくれます。

また、自分の不注意が原因でケガをした場合、第三者の賠償責任補償を利用することはできないため、傷害保険に入っておかなければ治療費などはすべて実費となってしまいますよね。

「毎月保険料を支払うくらいならその分コツコツ貯金しておいた方が良いのでは…」と思う方もいるかもしれません。しかし万が一、重大な後遺症が残ってしまったり、死亡してしまった場合にはどうなるでしょうか。

その時に必要な治療費まですべて実費でまかなえる方は少ないでしょう。家族がいる方の場合、自分の家族のことについても考えておかなければなりませんよね。

それから、原因を断定して 補償する保険ということもあり、一般的な保険に比べると保険料が安いのも魅力です。もちろん、補償内容を充実させようと思えば高い費用がかかることもありますが、最低限の 補償だけを受ける場合はかなり安い保険料で済みます。

ゴルフのプレー中にケガをしないように十分注意することはもちろん大切なことではありますが、万が一の事態に備えて事故・傷害補償のある保険に加入して書きましょう。

確かに、傷害保険に加入していても全くケガをせずに過ごせる方も多いです。

しかし、加入していた場合のメリットと加入していなかった場合のデメリットを比較すると加入しておくことの重要性がわかるでしょう。

傷害補償で支払われる保険金の種類

保険金額は、保険会社やプランによってまちまち。100万円~1,000万円程度まで広い幅があります。また、“急激かつ偶然な外来の事故”という適用条件が定められているのが一般的です。

以下に、支払われる保険金の種類を挙げてみました。

傷害補償の事例をチェック!

以下に、傷害補償が適用になった実際の事例をいくつか紹介していきます。

●50代男性のケース…

ゴルフ場でのプレー中に転倒して足を骨折。3週間ほど入院をし、治療費が約10万円かかった。

●20代男性のケース…

自分の打ったボールがゴルフ場内の木に当たって跳ね返り、自分の手に直撃して指を骨折。病院で治療を受けた。

●30代男性のケース…

ゴルフ場でのプレー中、後ろを回っていた組にボールを打ち込まれてケガをしてしまった。

●40代男性のケース…

一緒に回っていた組の人が自分のすぐそばで急に素振りをし、クラブが顔に当たってケガを負ってしまった。

●20代女性のケース…

下りでゴルフカートを運転していたらスピードが出過ぎてしまい、カートから転落。左足の関節を骨折し、入院・通院。

その他、傷害補償が適用されるケース・されないケース

<適用されるケース>

<適用されないケース>

さて、ゴルフ保険における傷害補償の内容はだいたい理解できましたか?

ゴルフ保険を選ぶ際には、ぜひ傷害補償の内容もしっかりとチェックし、自分に必要・適切な保険選びをしましょうね!

「補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版」をチェック>>

保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選
保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選