補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版

保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選

補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版 » 違いがわかるゴルフ保険の取扱い会社一覧 » 月々400円台からお得!エポスカードの「ゴルフ保険」

月々400円台からお得!エポスカードの「ゴルフ保険」

引用元(エポスカード公式サイト):https://www.eposcard.co.jp/index.html

保険商品も豊富!「エポスカード」はこんなに便利

エポスカードは、日本の代表的なクレジットカード会社のひとつ。ファッションビルの「マルイ」で有名な株式会社丸井グループの子会社として知られており、元々はマルイカードと呼ばれていたものが2006年現在の名称になりました。

クレカといえばショッピングやキャッシングのイメージですが、実はエポスカードに入会している人だけの「保険」もあるって知っていましたか?今回は特にゴルフでのプレイ中の事故をサポートしてくれる「ゴルフ保険」について、中心的に見てみましょう。

日常生活で起きた怪我まで保障!?エポスの「ゴルフ保険」の特徴

エポスカードで加入できるゴルフ保険には、様々なメリットが!まずはその特徴をご覧ください。

  1. 月々460円からでOK!リーズナブルに利用できる
    エポスカードのゴルフ保険は、月額460円から利用可能。スマホの有料アプリ程度の料金設定で多くの保障を受けられるため、非常にお得です。最大300万円、個人賠償責任保険3億円まで保障してもらえる最高グレードであっても月々1,310円で、無理なく安心してゴルフを楽しめます。

  2. ホールインワン賞までしっかり補償!
    ゴルフ保険は大まかに「他者に怪我をさせてしまった場合」「自分が怪我をした場合」「ホールインワン賞」などが保障されますが、エポスの場合はホールインワン賞のお祝い金までしっかり支払ってもらえます。ゴルフ用品に関しても10万円までは「携行品損害」がついているため、盗難や破損時にもある程度は安心できるでしょう。

  3. 日常生活における怪我、トラブルも補償!
    エポスカードのゴルフ保険は、「自由設計コース」に入会することでゴルフ中の事故やトラブルはもちろん日常生活で起こった事故や怪我まで補償。例えば階段から落ちた、散歩中交通事故に遭ったなど幅広いシチュエーションに対応していますので、そこまでゴルフの頻度が高くないという方にもおすすめです。

  4. 最大3億円の個人賠償責任が受けられる!
    自分自身にトラブルがあった時ではなく、何らかの事情で他者の財産を貶めてしまった場合に補償される「個人賠償責任保険」。エポスカードのゴルフ保険に加入すると、何と最大3億円のサポートが受けられます。賃貸物件での水漏れや不注意による車、骨董品などの損壊がないとは限りませんから、非常に安心ですね。

  5. 国内の事故の場合、代理で相手方と話してくれるサービスも!
    例えば車を運転している時の追突事故や接触事故などは、どちらかが激昂したり緊張したりして冷静な話ができないことも多いもの。そんな時、国内の事故であればエポスカードのスタッフが代理で相手方と交渉を行ってくれるため、スムーズに事が運びやすくなります。

月額に合わせて3つのコースから選べる!

エポスカードのゴルフ保険は、大きく3つのコースに分かれています。最もリーズナブルな「お手軽セット」に補償が手厚い「充実セット」、そしてコスパ最高の「おすすめセット」です。

  • お手軽セット
    本人のみが補償を受ける場合は月々460円、夫婦なら610円、家族なら940円と破格の値段で最大100万円の傷害死亡・後遺障害保険金が下りるコースです。個人賠償責任も1億円、ホールインワン賞では10万円と満遍なくサービスを受けられるので、ひとまず何らかの保険に入っておきたい方におすすめ。

  • おすすめセット
    本人であれば月々860円、夫婦なら1,140円、家族なら1,770円と最もバランスの良い金額が特徴。傷害死亡・後遺障害保険金は200万円、個人賠償責任2億円、ホールインワン賞30万円と、サポート内容も「このくらいあれば余程のことがない限りは大丈夫」と思えるものになっています。

  • 充実セット
    本人だけなら月々1,310円、夫婦なら1,750円、家族なら2,760円と他2つに比べればやや高めですが、その分傷害死亡・後遺障害保険金300万円、個人賠償責任3億円、ホールインワン賞50万円と非常に手厚いサポート内容となっています。収入に比較的余裕があり、出来る限り安心感を得たい方におすすめ。

ただし、携行品に関しては一律10万円が補償され、月額によって変化することはありません。高級ゴルフクラブやバッグなど、絶対に補償して欲しいアイテムがある方は注意しましょう。

更に月額料金が安い「スポーツコース」もある!

エポスカードのゴルフ保険とは別に、一般的なスポーツ(ゴルフも含む)で起きた事故やトラブルを補償してくれる「スポーツコース」もあります。こちらは月額最低420円からとゴルフ保険より安いのが特徴です。

ゴルフ保険とはどう違うの?と疑問に思う方も少なくないでしょうが、スポーツコースとゴルフ保険の違いは「ホールインワン、アルバトロスに関する保険金が下りない」ということ。

その代わり傷害入院のみならず「傷害通院」の場合も日額が250円~1,000円程度補償されることになっており、怪我が多い方にはおすすめのコースです。具体的な保険料の違いは以下をご覧ください。

  • ゴルフコース……月額460円~1,310円(本人だけの場合)
  • スポーツコース……月額420円~1,040円(本人だけの場合)

こうして見ると、最低額はそう変わらないのに「充実セット」になった途端300円程度の差が出てくるというのも特徴的ですね。

ホールインワン、アルバトロスなどに関する補償より、怪我や傷害についての補償を充実させたい方はゴルフコースでおすすめ~充実セットを選ぶより、スポーツコースで充実セットに加入した方がお得感が強いかもしれません。

初めてクレジットカードを作る人は、メリット&注意点をチェック!

このように、エポスカードのゴルフ保険やスポーツ保険は通常の保険に比べるとリーズナブルな月額でゴルフ以外に関する補償も受けられるため、非常にメリットが大きいと言えます。

ただし、これはあくまでも「エポスカード会員限定」のサービス。そもそも「クレジットカードを作ったことがない」という人は、クレカの利点や注意事項をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

クレジットカードのメリット

  • 現金を持ち歩くことなく買い物や飲食ができる
  • 分割払いやリボ払いなど、様々な支払い方法を選択できる
  • 使うごとにポイントやマイルなどが貯まるため、現金で支払うよりお得
  • カードによっては割引や優待といった特別なサービスが受けられる
  • 海外にも支店や相談所が置かれていることが多く、トラブルの時も安心
  • カードのランクによってはステータスや信用度を証明可能

代表的なものとしてはこんなところでしょうか。クレジットカードは年会費無料のものでもポイントやマイルが貯まってゆくので、最初はカードを使うことに抵抗があった人も「クレカの方がお得だな」と思うようになりがちです。

また、ゴールドカードやブラックカードなどハイグレードなクレジットカードは、それだけの収入や社会的な信用の証明にも繋がるため、多くの人々にとって憧れの存在でもあります。

クレジットカードの注意点

  • 一括払いを選択しないと、徐々に損をする恐れもある
  • リボ払いやキャッシングなどを利用することで、知らず知らずのうちに借金が貯まることも
  • 目の前で現金が減って行かない感覚から、お金が増えたと勘違いする人もいる

クレカの主な注意点は、支払い方法や金銭感覚についてです。常に一括払いなら心配することはありませんが、支払いが簡単すぎてリボ払いや分割払いを繰り返したり、キャッシング(借入)を利用したりすると無意識に借金が重なってゆくこともあります。

また、カードによっては「年会費」がかかることもあるため、使用頻度によってはむしろ損なことも。エポスカードは代表的な「エポスカードVisa」でも年会費無料ですが、クレジットカード加入の際にはしっかりと料金を確認しておきましょう。

保険料・補償金額で比較!
ゴルフ保険取り扱い会社3選
  三井
住友海上
AIG
損保
共栄
火災海上
  公式
サイト
公式
サイト
公式
サイト
年間保険料 最安!3,000円~ 3,550円~ 3,970円~
賠償責任
補償
~2億円 2億円 ~2億円
ホールインワン補償 ~100万円 ~30万円 ~100万円
海外補償 〇 〇 ×
自宅補償 〇 × ×
保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選