補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版
HOME » 違いがわかるゴルフ保険の取扱い会社一覧 » 富士火災

富士火災

ここでは、富士火災が販売しているゴルフ保険についてくわしく紹介しています。補償内容や補償額、保険料などをリサーチして分かりやすくまとめているので、ぜひチェックしてみてください!

富士火災公式サイト画像キャプチャ

画像引用元:富士火災公式サイト
http://www.fujikasai.co.jp/insurance/individual/leisure/golf.shtml

「富士火災」のゴルフ保険の特徴・補償内容

損害保険業界の最大手であるAIGのグループ会社、富士火災(富士火災海上保険)。医療保険・ケガの保険から自動車保険、火災保険まで幅広く損害保険商品を扱っています。

そんな富士火災から販売されているゴルフ保険は、ゴルフ賠償責任を主契約にゴルフ傷害補償ゴルフ用品補償ホールインワン・アルバトロス費用補償を特約とした補償内容となっています。

賠償責任補償に強い

3つのプランが用意されており、一番お手頃な3,550円(年間)のプランでも、賠償責任の保険金額が2億円と賠償責任補償に力を入れているのがポイント。この賠償責任補償額の場合、他社では保険料1万円クラスのものがほとんどなので、保険料は安く抑えながらも賠償責任補償はしっかり備えたい!という人におすすめです。

それでは以下に、富士火災のゴルフ保険の補償内容について詳細をまとめてみました!

賠償責任補償

国内外でのゴルフ練習・競技・指導中の偶然な事故によって、キャディを含む他人にケガをさせたり他人の財物に損害を与えて法律上の損害賠償責任を負ってしまった場合に、保険金支払いの対象となります。

「賠償事故解決特約」というものがセットになっており、国内の賠償事故における示談交渉を富士火災にサポートしてもらえるのが特徴。自分で行なうと大変な示談交渉を、保険のプロに手伝ってもらえるのは大きな魅力です。

ゴルファー傷害補償

日本国内外のゴルフ場敷地内でゴルフ練習・競技・指導中に、急激かつ偶然な外来の事故によって被保険者自身がケガを負った場合などに、以下の保険金が支払われます。

ゴルフ用品補償

日本国内外のゴルフ場敷地内で、被保険者所有のゴルフ用品(被服類含む)が盗難にあった場合、またゴルフクラブが破損・曲損してしまった場合の損害に対し、保険金額の範囲内において、時価額を限度として保険金が支払われます。

ホールインワン・アルバトロス補償

9ホール以上を有する国内ゴルフ場で、一定の条件において、アマチュアのゴルファーがゴルフ競技中にホールインワンまたはアルバトロスを実現した場合、慣習として負担する費用(祝賀会開催費用や贈答用記念品購入費用、記念植樹費用など)に対し、保険金額を限度として保険金が支払われます。

補償範囲や目撃証明は?ホールインワン補償について詳しく見る>>

料金プラン別に保険料&補償額をチェック!

富士火災のゴルフ保険について、プラン別の保険料・補償額を分かりやすく表にしましたので、参考にしてください。

プラン H G F
保険料(1年) 3,550円 6,430円 9,310円
ネット申し込み 不明 不明 不明
賠償責任補償 2億円 2億円 2億円
ゴルファー傷害補償 500万円 700万円 900万円
ゴルフ用品補償 10万円 20万円 30万円
ホールインワン・アルバトロス補償 10万円 20万円 30万円
保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選
保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選