補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版

保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選

補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版 » 違いがわかるゴルフ保険の取扱い会社一覧 » 「KGA Golfer'sカード」のゴルフ保険の補償内容・年会費

「KGA Golfer’sカード」のゴルフ保険の補償内容・年会費

「KGA Golfer'sカード」のゴルフ保険の特徴・補償内容

KGA Golfer'sカードは、三井住友フィナンシャルグループに属するセディナ、及び関東ゴルフ連盟が提供するクレジットカード。ゴルフ保険をはじめ、ゴルファーには嬉しい特典が豊富についているのが特徴です。

補償内容としては第三者に対する賠償責任から自身への傷害による入院、通院費用、ゴルフ用品の損害にホールインワン、アルバトロス費用と非常に幅広く網羅されており、しかも年会費も比較的リーズナブル。

特にワンランク上の「ゴールド会員」になれば、ゴルフ保険が手厚くなるだけでなくポイントの優遇制度や旅行割引券のプレゼント、ロードアシスタントなど様々なサービスが受けられるため、年会費的に余裕がある方はおすすめです。

では、ゴルフ保険の詳しい補償内容について、ひとつひとつ見て行きましょう。

第三者に対する賠償責任

ゴルフ保険では定番的に付帯される「第三者に対する賠償責任」。これは例えばゴルフクラブが当たった、ボールが直撃した、重なり合うように倒れたなどの理由で他者に怪我を負わせてしまった場合に下りる保険金です。

これは自らへの補償より最大金額が高い場合が多いですが、なぜかというと万が一生涯後遺症が残る、もしくは命に関わる怪我になってしまったら、数千万円程度の賠償金を求められることもあるから。

そこでKGA Golfer'sカードでは「最大1億円」という破格の補償額が設定されています。1億円あればどのような不測の事態であってもある程度は対処できるので、今後も長くゴルフを楽しみたい方にとっては安心と言えるでしょう。

ちなみに、ゴールドカードの場合も第三者に対する賠償責任補償額は変わりません。賠償責任額を重視する方は、焦ってゴールド会員になる必要はないかもしれませんね。

自身の傷害、及びそれによる入院、通院補償

次に、自分がゴルフ場で怪我をした場合の保険金。気を付けてプレーすれば大丈夫だと思っていても巻き込まれる恐れがありますから、いざという時のために補償が付いていると安心ですよね。

また、KGA Golfer'sカードの場合は通常のカードで「入院、通院保険日額」が下りるのも特徴。死亡、もしくは後遺症が残るレベルの怪我をした時の保険金「300万円」にプラスして、入院なら「1日4,500円」、通院なら「1日3,000円」の補償が付くことになっています。

これがゴールドになると保険金「500万円」、入院保障が「1日7,500円」、通院保障が「1日5,000円」となりますから、より一層安心できますよ。

ホールインワン、アルバトロス費用

ゴルファーなら一度は憧れるホールインワン、あるいはアルバトロス。しかし、せっかく栄誉ある勲章を賜ったにも拘わらず、慣例として大規模な祝賀会を開いたり、記念品を配ったりして貯蓄を圧迫されることも少なくはないと言います。

そこで、KGA Golfer'sカードならホールインワンやアルバトロスの際にかかる費用を「10万円」まで補償!記念品や記念樹など、想い出の品を作成する時の助けになりそうですね。

ちなみに、ゴールドになれば「50万円」と更に手厚く。50万円もあればある程度の規模の祝賀会を開いても、会費やご祝儀の有無によってはお釣りが来るかもしれません。

ゴルフ用品の損害

ゴルフをプレーするに当たって、意外と盲点なのが「ゴルフ用品の損害」。これはゴルフクラブやボール、ゴルフバッグなど身の回りのものについての保険で、紛失や盗難が起こった時に補償されるものです。

KGA Golfer'sカードでは、ゴルフ用品に「10万円」、ゴールドなら「20万円」の保険金がかかります。

特にゴルフクラブはブランドによっては1本5万円~10万円以上することもありますから、出来る限り安心を得ておきたいものですよね。

KGA Golfer'sカードは、年会費も比較的リーズナブル!

KGA Golfer'sカードのメリットとして、最たるものが「補償内容の割に年会費が安い」というものです。

ゴルフ保険が付帯されているカードは一般的に年会費3,000円前後~2万円超が相場となっており、高ければ高いほど補償内容が手厚くなります。

KGA Golfer'sカードは中でも最もリーズナブルな価格で安心度が高いサービスが受けられると評判で、ゴールドでも1万円程度と非常にお得です。

ただし、家族カードの場合は補償されない部分もありますから、加入の際は注意しておきましょう。

KGA Golfer'sカードとゴールドカードの年会費、注意点は?

KGA Golfer'sカードとゴールドカードの年会費、及び家族会員の費用は以下の通りです。

KGA Golfer'sカード

KGA Golfer's GOLDカード

このように、家族会員であれば何と最低300円程度で入会が可能です。ただし、家族会員は「自身の傷害、及びそれに付随する入院、通院」に関しては補償されません。

KGA Golfer'sカードとゴールドカードはクレジットカードなので、ゴルフ保険のみならずショッピングやキャッシングなども利用できます。

しかも、国内、海外を問わず1,000万円~5,000万円の「旅行傷害保険」が付いており、ゴルフ遠征はもちろん遠出の際に持っておくと心強いカードと言えるでしょう。

ただし、ゴールドカードは審査条件が明確に設けられている

KGA Golfer'sカードとゴールドカードは補償額が異なるというのが大きな違いなので、基本的には「自分が安心できる程度の保険金が下りる方」を選ぶのが適切です。

しかし、通常のGolfer'sカードの対象者が「高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方」と、アルバイトや学生であっても受かる可能性があるのに対し、KGA Golfer's GOLDカードは審査条件が厳しく設けられています。

それも「原則として年齢満30歳以上、年収500万円以上で勤続5年以上の方」とのこと。つまり、収入があっても社会人歴が浅い人や転職を繰り返している人などは所持できないということですね。

年会費1万円なら支払えるという人は多いでしょうが、自らの社会経験や収入、今後どれだけゴルフをやる予定かなど、様々な視点から吟味したいものです。

注意!2017年1月31日24時で、新規加入は一旦ストップ

上記の通り、KGA Golfer'sカード及びKGA Golfer's GOLDカードは良心的な年会費で、他の会社と比べても群を抜いて豊富なサービスを行うクレジットカードとして知られています。

特にゴルファーにとっては一押しと言われたカードだったのですが、残念なことに何と「2017年1月31日24時」で新規加入の募集が終了しているようです。

理由は不明。とはいえ、やはり多くの面で魅力的なカードということで、ゴルファーを中心に申し込みが集中してしまったのもあるかもしれませんね。

そうなると「入ってたはずだけど、じゃあもう使えないってこと……?」と思う方もいるかもしれませんが、現在既に加入している方に関しては引き続き利用可能だそうなので、心配はありません。

今から加入を考えていたという方も、サービスが継続している以上はまたいずれ機会が巡ってくる可能性はありますから、その時を逃さないようぜひ情報を逐一チェックしておきましょう。

ゴルフ保険のおすすめ7選はこちら

保険料・補償金額で比較!
ゴルフ保険取り扱い会社3選
  三井
住友海上
AIG
損保
共栄
火災海上
  ネット契約
サイト
公式
サイト
公式
サイト
年間保険料 最安!3,000円~ 3,550円~ 3,970円~
賠償責任
補償
~2億円 2億円 ~2億円
ホールインワン補償 ~100万円 ~30万円 ~100万円
海外補償 〇 〇 ×
自宅補償 〇 × ×

この記事の関連ページ

保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選