補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版

保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選

東京海上日動

ここでは、東京海上日動が扱っているゴルフ保険を紹介しています。保険の特徴や補償内容・補償額、保険料などを調べてまとめているので、ゴルフ保険を検討している人はぜひ参考にしてください。

東京海上日動公式サイト画像キャプチャ

画像引用元:東京海上日動
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/service/travel/golf/

「東京海上日動」のゴルフ保険の特徴・補償内容

業界内でもベスト3に入る大手の損害保険会社、東京海上日動。自動車保険に住まいの保険、生損保一体型保険、ケガ・病気の保険、旅行・レジャー保険と充実したラインナップを取り揃えています。

ゴルフ保険としても『トータルアシストからだの保険(ゴルファー)』を販売しており、自身のケガ(傷害保険)を基本契約として、第三者に対する賠償責任補償ゴルフ用品損害補償ホールインワン・アルバトロス費用補償をオプションセットにした保険内容となっています。

ゴルフ以外の付帯のサービスも充実

付帯のサービスが充実しているのが特徴で、事故・災害防止などのお役立ち情報のインターネット提供や、もしもの時に常駐専門医・看護師が24時間電話対応してくれる緊急医療相談、また介護・健康・生活の専門家が電話・インターネットで相談に応えてくれるサービスなどが受けられます。

代表的なプランは年間保険料5,000円/7,500円の2パターン。基本契約が傷害保険というだけあり、死亡・後遺障害補償は5,000円プランで500万円、7,500円プランで980万円!また第三者に対する賠償責任も手厚く、5,000円プランで1億円、7,500円プランでは国内の補償が無制限です!

他人にケガをさせてしまう事態や自身の大きなケガにしっかり備えたい…という人にぴったりの保険と言えそうです。

また付帯サービスは大きく4つあるので、それぞれの詳細を解説します。

事故防止アシスト

ゴルフ保険以外にもトータルアシストからの保険やトータルアシスト自動車保険などの加入者向けの事故防止情報サービスである事故防止アシスト。普段の生活の中で発生しやすい事故や災害からの身を守るための情報を提供する情報サイト「セイフティコンパス」やドライブレコーダーで納めたヒヤリハットの瞬間を提供し、安全運転のアドバイスを行っている「安全運転情報サイト」などの情報を得ることができます。

ゴルフ場に着く間に事故に巻き込まれては、せっかくの楽しみが台無しです。事故防止アシストを有効に活用して安全運転を心掛けることで、より安全にゴルフを楽しめるでしょう。

メディカルアシスト

自身の体に異変が起きた時に、24時間365日医師や看護師が医療に関する相談に乗ってくれるのがメディカルアシストです。このサービスはゴルフプレー中のケガだけでなく、日常生活で起きたケガや発病、からだの悩み全般の相談に対応してくれます。緊急時の対処方法についてもアドバイスしてくれるので、万が一の時に頼れる味方になってくれるでしょう。

また、発熱や風邪といった一般的な症状だけでなく、様々診療科の専門医による専門医相談サービスも提供。こちらは予約制になっているのですが、十分な時間をかけて専門医が相談に乗ってくれるのでより適切な対応をしてくれるでしょう。

介護アシスト

介護に関する負担を軽減するためのサービス介護アシスト。社会福祉士やケアマネジャー、看護師などの介護に関するプロが、介護保険制度の内容や保証を受けるための手続き、介護施設への入所手続きなどをサポートしてくれます。また、認知症の方へは物忘れチェックプログラムという医師の慣習を受けたサービスも。ゴルフ場で移動に便利なカート。ですが、カートが原因で足の骨を折ってしまうといった事故は少なくありません。そのため一時的に介護が必要になることもあるでしょう。万が一の時にお年寄りの方の介護だけでなく、被保険者自身の為にも介護アシストは有効だと言えます。

デイリーサポート

日頃抱いている日常の悩みをサポートしてくれるデイリーサポート。法律や税に関する相談や社会保険に関する相談、レジャー・冠婚葬祭などの暮らしに関する情報の提供などをサポートしてくれます。ゴルフに関する情報以外にもトータルでサポートしてくれるのは、ありがたいサービスだといえるでしょう。

4つのサービスを解説しましたが、サービスの内容は予告なく変更されたり、中止したりする可能性があります。最新の情報を知りたい方は公式サイトで情報を確認してください。

海外での損害賠償責任も補償対象

東京海上日勤が販売しているゴルフ保険「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」は国内だけでなく、国外で起きた賠償責任も補償対象になっています。海外旅行に出向いた先でゴルフを楽しんでいた時に起きてしまった事故。頼れる人が限られている国外で味方になってくれる東京海上日勤は、万が一の時頼もしい味方になってくれるでしょう。日本だけでなく、海外のゴルフ場でもよくプレーする方にとってありがたい補償だと言えます。

それでは以下に、その他の補償内容の詳細をまとめてみました。

賠償責任補償

国内外でゴルフの競技·練習·指導中、キャディを含む他人にケガを負わせたり、他人の財物を壊したりして法律上の損害賠償責任が発生した場合、契約した保険金額を上限として保険金が支払われます。

支払われないケース

  • 運転するゴルフカート自体の損壊によって発生する損害賠償責任に対する保険料。
  • 被保険者の故意によって生じた賠償責任。
  • 戦争、政権奪取、内乱、などが原因で発生した賠償責任。
  • 地震、噴火、洪水、といった自然災害によって生じた賠償責任。
  • 被保険者が所有または管理する財物の損害に関して、その財物に対して正当な権利を持っている方に対して負担する賠償責任。
  • 被保険者と同じ世帯の親族に対して生じた賠償責任。
  • ゴルフカートの所有または管理に起因する賠償責任。

賠償責任補償が手厚い
ゴルフ保険取り扱い会社を
チェック!

ゴルファー傷害補償

国内外のゴルフ場・ゴルフ練習場におけるプレー・練習・指導中、あるいはゴルフ場敷地内における休憩·更衣・入浴中などに、偶然の事故によって被保険者がケガをした場合、以下の保険金が支払われます。

支払われないケース

  • 地震、噴火、津波などによって生じたケガ。
  • 無免許運転や酒気帯び運転をした場合に生じたケガ。
  • 脳疾患、疾患あるいは神経喪失によって生じたケガ。
  • 妊娠、出産、早産あるいは流産などによって生じたケガ。
  • むちうち症や腰痛などで、医師の診察や画像診断で症状を裏付けられない場合。
  • パターゴルフとグランドゴルフといったゴルフに類似したスポーツによって生じたケガ。

ゴルフ用品補償

国内外のゴルフ場·ゴルフ練習場において、保険対象者が所有するゴルフ用品の盗難またはゴルフクラブの破損·曲損による損害があった場合、保険金額を限度として保険金が支払われます(損害額や修理費は時価額が上限)。

支払われないケース

  • 被保険者(保険金受取人)の故意または重大な過失によって生じた損害。
  • ゴルフ用品の自然の消耗または性質による変質が原因で発生した損害。
  • ゴルフ用品の置き忘れや紛失によって発生した損害。
  • 戦争、革命、内乱といった事変が原因で発生した損害。
  • 地震、噴火、津波といった自然災害が原因で発生した損害。
  • ゴルフボールのみの盗難によって生じた損害。

ホールインワン・アルバトロス費用補償

9ホール以上を有する国内ゴルフ場において、パー35以上の9ホールを正規にプレーし、(他の競技者1名以上と同伴のゴルフプレー中に)ホールインワン・アルバトロスを達成した場合、慣習にかかる支出や祝賀会などの費用に対し保険金額を上限として保険金が支払われます。

※一定の条件があります。

支払われないケース

  • 被保険者や保険料受取人がゴルフ場の経営者または使用人(臨時雇い含む)であり、経営しているゴルフ場でホールインワンかアルバトロスを達成した場合。
  • 日本国外でホールインワンまたはアルバトロスを達成した場合。

ホールインワン費用補償をしてくれる
ゴルフ保険取り扱い会社を
チェック!

「東京海上日動」のゴルフ保険の支払い事例

公式サイトでは事例が見つかりませんでした

「東京海上日動」のゴルフ保険に加入した人の口コミ

ゴルフ保険の口コミは見つかりませんでしたが、東京海上日動の保険加入の雰囲気を知るためにぜひチェックしてみて下さい。

スピーディな対応でとても信頼できました。
家から少し離れたスーパーの駐車場に車をとめていたのですが、買い物が済んで車に乗り込みエンジンをかけようとしたところ、エンジンが全くかからず…。誰に連絡すれば良いのかわからずまずは主人に連絡しました。

加入している東京海上日動の自動車保険にロードサービスに連絡すればよいとのことで、連絡保険証書を確認してロードサービスのコールセンターに電話し、担当の方に状況を色々説明したところ「近くの修理工場より整備士の応援を要請しますのでもうしばらくお待ちください」とのこと。

そしてそれから30分もしないうちに、修理工場の方がこられて、バッテリーの点検と充電をしてもらいとりあえず自走できるようにしてもらいました。その後、その修理工場でバッテリーの交換もしてもらいました。出張費用がかからなかったのと迅速な対応がとても安心感があり東京海上日動さんに加入しておいてよかったつくづく思いました。

「東京海上日動」の手続き方法は?

インターネト契約の主な加入の流れ

東京海上日動のインターネット契約の主な加入の流れは以下の通りです。

ただし、上記で紹介した加入の手続きのステップを踏む前に、いくつか条件を満たしておく必要があります。

また、インターネット契約の場合、契約書の約款はWeb上で閲覧することになります。ですが、冊子を希望する場合は別途連絡すれば対応してくれます。

保険料の払込方法

保険料のは払込方法は、クレジットカード払いとコンビニ払いのいずれかから選択可能です。また、クレジットカード払いの場合、JCB・VISA・Master・Diners・AMEXなどで支払い可能で、契約成立時点でクレジットカードの登録を行います。

コンビニ払いの場合は、契約成立後送付される保険証券に同封される払込取扱票で後日手続きが必要です。

保険料・補償金額で比較!
ゴルフ保険取り扱い会社を
チェック!

料金プラン別に保険料&補償額をチェック!

東京海上日動のゴルフ保険について、プラン別の保険料・補償額を分かりやすく表にまとめてみました。ネット申し込みの有無についてもリサーチしています。下記は一例なので、他のパターンも気になる方は、東京海上日動か代理店に問い合わせてみてくださいね。

プラン 1 2
保険料(1年) 5,000円 7,500円
ネット申し込み あり あり
賠償責任補償 国内:1億円
海外:1億円
国内:無制限
海外:1億円
死亡・後遺障害 500万円 980万円
入院保険金日額 3,000円 5,000円
通院保険金日額 1,000円 3,000円
ゴルフ用品補償 10万円 20万円
ホールインワン・
アルバトロス補償
20万円 30万円

コンビニからでも加入できるプランも提供

2017年6月1日より、全国のローソンからゴルファー保険に加入できるプランも提供されています。ローソンに設置してあるLoppi端末を利用することで加入可能です。

2つのプランを利用可能

ローソンから加入できる保険には、賠償責任のないタイプのものと、賠償責任のあるタイプ(安心プラン)の2つがあり、それぞれ保険料が以下のように異なります。

また、それぞれのプランについて、保険金は以下のように設定されています。

どちらの保険に関しても、保険適用期間は1カ月です。

コンビニから加入できるプランの4つの補償

ローソンから加入できるゴルフ保険について、それぞれの補償の特徴をまとめると以下のようになります。

個人賠償責任補償は「無制限」※賠償責任なしの場合を除く

安心プランを選ぶと個人賠償責任補償は無制限。ゴルフ中に他人にケガをさせたり、他人の財物を壊したりしたときに補償を受けられれます。人に障害を残してしまった場合には、多額の費用を請求される可能性があるので、万が一の際に心強い補償額です。

自身のケガ

ゴルフ場やゴルフ練習場敷地内にで、ゴルフ中に自分がケガをしたときにも補償を受けられます。

ゴルフ用品の損害

ゴルフ場・ゴルフ練習場敷地内でゴルフ用品の盗難やゴルフクラブに破損、曲損が生じたときに補償を受けられます。

ホールインワン・アルバトロス費用(国内のみ)

国内ゴルフ場でのプレーに限り、ホールインワン、アルバトロスを達成して祝賀会等の費用を負担した時に受けられる補償もついています。

Loppiからの加入方法

ローソンから加入できる保険は、ローソンの店舗に入店後、店舗に設置されているLoppiを使って以下のように加入を進めます。

その他のお役立ち情報

ここでは、東京海上日動のゴルフ保険についてその他のお役立ち情報をお伝えします。

短い期間でも契約できる?

東京海上日動のゴルフ保険は1年間の契約が基本となっています。

ゴルフプレーの頻度がそう多くない方は、短期間のゴルフ保険を利用した場合と東京海上日動のゴルフ保険を利用した場合とで、補償内容を含めてどちらがお得になるのか、比較検討したうえで加入する保険を決めたほうがよいでしょう。

また、契約は保険の始期から60日前より申込できるようになっており、契約後は自動更新となります。

クレジットカードは利用できる?

JCB・VISA・Master・Diners・AMEX等での支払いが可能です。一時払い、月払いともに選択可能で、契約成立後にクレジットカードの登録を行います。また、加入者本人だけではなく、配偶者や親族のクレジットカードの利用も可能です。

ただし、払込回数は一回のみでリボ払い、分割払い、ボーナス払い、デビットカードでの支払い等には対応していません。

クレジットカード以外の支払い方法としては、コンビニ払を選ぶこともできます。

海外から申込できる?

海外からの申込はできません。保険申込時に日本国内に在住しており、契約者本人が日本国内からアクセスしている必要があります。ご契約にはご契約者本人のメールアドレスが必要になるため、事前にメールアドレスを用意しておきましょう。

また、日本国内に在住している場合でも、日本語が分からない場合で代理の方が申し込むようなことも認められていません。

保険の対象となる方

保険の対象となる人は、契約者本人から配偶者または親族の方で保険開始期日時点で満69歳以下の方です。ただし、プロゴルファーやゴルフのインストラクターによる申込や、法人名義の契約はできません。

また、過去3年以内に傷害保険・ゴルファー保険等で保険金(他の保険会社等への保険金請求を合計して5万円以上)を請求または受領した方は申込できないことになっています。自身の過去の経歴を踏まえつつ、加入の申し込みをしましょう。

契約後の対応について

東京海上日動について、インターネットから申込をした場合、1週間程度で保険証券を郵送で受け取れます。契約のしおり(約款)についてはホームページ上で閲覧できるため、冊子の送付はないようです。

冊子の送付を希望される方や、その他契約について分からないことがある場合は以下の窓口まで連絡しましょう。

■東京海上日動インターネットサポート

電話:0120-677-221(無料)

受付時間:月~金曜日(除く祝日・年末年始)9:00~17:00

申込方法

東京海上日動のゴルフ保険はパソコン・スマートフォン・タブレットから申込できます。

なお、申込手続きが可能な時間帯は以下の通りです。

月~金・祝日: 6:00~翌4:00/土 :6:00~翌2:00/日 :6:00~24:00

個別の補償内容について注意点

ホールインワン・アルバトロス保険など個別の補償内容について確認していきましょう。

ホールインワンやアルバトロス保険について

ホールインワンやアルバトロスについては、実際にかかった費用が保険会社から支払われます。達成時にキャディなど第三者による目撃が必要な他、祝賀会などに実際に使った額の分かる領収書が必要です。

ただし、海外でのプレーではホールインワンやアルバトロス補償は対象外となります。

海外でのプレーに関する保障について

第三者に対する賠償責任については、海外でのゴルフプレーにおいても補償対象です。一方、先述の通りホールインワンやアルバトロスについては海外でのプレーに補償はありません。

これは、ホールインワンやアルバトロスを達成したときに祝賀会等を開くのは日本独自の文化だからです。そのため、この慣習が根付いていない海外では対象外となります。

保険の内容について確認しておきたい点

最後に、保険の内容について確認しておきたい点を見ていきます。

保険期間は何年?

東京海上日動のゴルフ保険の保険期間は1年です。

保険期間とは、保険責任の始まる日(始期日)から、終わる日(満期日)までの期間を指し、始期日の午前0時から満期日の午後4時までが保険期間です。また、原則的に更新しない旨の申出がない限り、毎年自動的に更新されます。

保険料の払い込み方法は?

保険料の払い込み方法はクレジットカードかコンビニ払いかのいずれかから選びます。保険料の払い込み期限は、保険開始期月の属する月の翌月末日となっています。

※クレジットカード払の場合は、クレジットカード会社に対して、払込みに使用されるクレジットカードが有効であること等の確認を行ったことをもって、保険料が払い込まれたものとみなされるとのこと。払い込まれた保険料については領収書の発行が省略されます。

満期返戻金や契約者配当金

東京海上日動のゴルフ保険には、契約満期時に保険料が全額返金される満期返戻金や利益に応じて配当される契約者配当金といった制度はありません。

解約返戻金の有無

保険期間中に契約を解約する場合、契約開始日から満期日までの期間により解約返戻金が支払われます。ただし、払い込み状況によっては追加請求といったこともあります。

ゴルフ保険のおすすめ7選はこちら

保険料・補償金額で比較!
ゴルフ保険取り扱い会社3選
  三井
住友海上
AIG
損保
共栄
火災海上
  ネット契約
サイト
公式
サイト
公式
サイト
年間保険料 最安!3,000円~ 3,550円~ 3,970円~
賠償責任
補償
~2億円 2億円 ~2億円
ホールインワン補償 ~100万円 ~30万円 ~100万円
海外補償 〇 〇 ×
自宅補償 〇 × ×

この記事の関連ページ

保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選