補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版

保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選

補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版 » ゴルフでミスショットを防ぐ対策方法とは?

ゴルフでミスショットを防ぐ対策方法とは?

ゴルフのスコアに直結してしまうミスショット。ドライバーからミスショットを出してしまうとやる気もそがれてしまうでしょう。ゴルフのミスショットを防ぐためにどのような対策方法があるのでしょうか?今回の記事では、ミスショットを防ぐ方法をご紹介します。

ミスショットをしてしまう5つの原因と対処法

ゴルフでミスショットをしてしまう原因は大きく5つあります。

これらの原因を把握しておき、正しい練習をしてミスショットを防ぎましょう。下記で詳しく解説しているのでぜひ参考にしてみてください。

1.ダフリをなくす

ゴルフクラブで地面を売ってしまう「ダフリ」。一度ダフってしまうと連続してダフってしまうことはないでしょうか。このダフリの原因は「スイングの姿勢が乱れ」が大きな原因です。

そのため、スイングの乱れを気にかけ、正しい姿勢を意識すると改善できることがあります。ダフリを改善するには正しい前傾姿勢をキープしたり、バックスイングで右側に流れないように気を付けてみましょう。

具体的な練習方法として、通常のスタンスより狭くスイングして軸の中心を意識してスイングすることです。もし体重が右に残ってしまう場合には、右のかかとを浮かせて打つ練習することで、軸が傾いてしまうのを防止につながります。

手元が曲がってしまう方は、通常のグリップとは逆のグリップで握ったりする方法で練習しましょう。ハンドファーストでボールをとらえてボールを打つことができます。

2.トップのミスを治す

「トップ」とは、クラブのヘッドでボールの上部をたたいてしまうことを言います。ゴルフプレーをしたことがあるなら、体験した方も多いかと思いますが、トップになると打球が上がらずに地面を転がってしまいます。トップの原因は右足に重心が残ってしまうこと。高く打ちたいという気持ちがさらにミスの原因になってしまいます。

トップを直すには、正しい位置に重心を置く練習しましょう。重心が拇指球に乗るようにします。かかとに重心が寄ってしまわないように意識してください。

また、トップを直す別の練習として、片足打ちがあります。片足で打つ練習をすると足首の筋力を強化したり、バランス感覚の強化につながります。コースでは平らな場所だけではなく、傾いたコースがあるのでバランスを取って打つ練習になります。そのため、軸をしっかりさせることで安定したが打てるようになります

また、3つ目の方法として考えられるのが、「ステップ打ち」です。バックスイングのときに、左足を上げて打つ瞬間に左足を付ける方法です。この練習を繰り返すことで、正しい重心コントロールを意識してスイングが可能となります。結果として正しい位置でボールをとらえることができるようになるでしょう。

3.スライスとフックを改善

意図しないスライスやフックもスコアを大きく落とす原因です。スライスは利き手の方向にボールが飛ぶことで、フックは、利き手と逆の方向にボールが飛ぶことを指します。

スライスを改善するには、フェースが開かないようにする意識が大切。フェースが開いていることで、プルスライスというボールが左に曲がった後に、右方向に曲がってしまうのです。インパクト時には、フェースの方向を意識しましょう。

ストレートスライスの場合は、途中まではまっすぐ進むのですが、途中から右に曲がります。ヘッドの動きは問題ないのですが、インパクトの瞬間にフェースがオープンにならないようにグリップや手首の角度に注意が必要です。

最後にプッシュスライスでは、ヘッドの起動がインサイドアウトの軌道で入っているので、体重移動が適切でありません。正しい軌道になるようにスイングします。

フックはクラブのフェースが左になっていることや、ストロンググリップになりすぎていること原因です。フックを直すためには、左右のグリップを持ち替えたり、コックの角度をキープしましょう。

4.シャンクのミスをなくす

シャンクというのは、ボールを当てた瞬間に右に打球が飛ぶミスです。シャンクは、中級者や上級者でも悩みの種となるミスです。

シャンクの原因として、かかと重心でスイングしたり、前傾姿勢が維持できないこと。インパクトのときに、シャフトにボールが当たってしまうので右に飛んでしまうのです。

正しい前傾姿勢を手に入れるために、膝の角度を変えないように意識したり、股関節から前傾したりしましょう。さらには、スタンス幅を広くしてスイングする練習をして、前傾姿勢を意識したスイングが身につける方法もあり。スイング中の姿勢や体重移動を改善することで予防しましょう。

5.ゴルフレッスンに通う

自己流で練習しても改善しないという場合には、ゴルフレッスンを受けることで解決の糸口をつかめるでしょう。自己流で改善する場合、どうしても間違った方法で練習してしう可能性があるためです。ゴルフの正しい知識を持っているトレーナーに見てもらうことで、改善すべき点や今実践すべき正しいアドバイスがもらえます。

またゴルフスクールでは、インドアやアウトドアで天候を気にせずレッスンを受けられます。初心者であればインドアでレッスンを、上級者であれば練習場でのレッスンがおすすめです。

まとめ

ゴルフのスキルが不足している場合には、ミスショットを打ってしまわないか心配になるものです。この記事で取り上げた5つのポイントを練習することで、自分のスキルを改善できるでしょう。

もしもゴルフの腕前が上がる前に、ラウンドを回って安心してゴルフを楽しみたいのであれば、ゴルフ保険に加入することをおすすめします。保険商品によっては、練習場での補償も対象になるものもありますので、安心して練習に打ち込めるでしょう。

保険料・補償金額で比較!
ゴルフ保険取り扱い会社3選
  三井
住友海上
AIG
損保
共栄
火災海上
  ネット契約
サイト
公式
サイト
公式
サイト
年間保険料 最安!3,000円~ 3,550円~ 3,970円~
賠償責任
補償
~2億円 2億円 ~2億円
ホールインワン補償 ~100万円 ~30万円 ~100万円
海外補償 〇 〇 ×
自宅補償 〇 × ×