補償内容で選ぶ!ゴルフ保険ガイド完全版
HOME » 【ニーズ別】あなたにおすすめのゴルフ保険 » 海外の事故も補償してくれるゴルフ保険を3つ紹介!

海外の事故も補償してくれるゴルフ保険を3つ紹介!

ゴルフボール

海外でゴルフをプレーするなら、海外での事故やトラブルにも対応してくれるゴルフ保険に加入しておきましょう。

自分の身を守り、楽しくゴルフをプレーするために役立つ「海外対応」のおすすめゴルフ保険を3つご紹介します。

1.コスパのよさと対応力が魅力!三井住友海上

三井住友海上のゴルファー保険は、なんといってもコスパの良さと幅広い補償力が魅力です。スタンダードプランとプレミアムプランはそれぞれ補償額に合わせてAからCの3プランがあり、スタンダードプランに関しては1週間単位で加入できるお試しプランもあります。

プレーの前日からでも申し込みができるため、急な海外出張のついでに現地でゴルフをプレーしたいという人にもおすすめ。予算や補償額に合わせて選べるゴルファー保険なら、無駄な出費をせずに海外でのプレーを楽しむことができるでしょう。

補償内容

ゴルファー保険の補償内容は、

の4種類です。このうち、「ホールインワン・アルバトロス費用補償」以外は海外補償にも対応しています。それぞれの補償額は以下の通りです。

保険料

ゴルファー保険の保険料は、スタンダードプランのAコースで年間3,000円という安さ。1週間プランなら、なんと1,000円から海外補償付きのゴルフ保険を利用できます。年間を通じてゴルファー保険に加入したい人は、料金の安いスタンダードプランのAコース、ピンポイントで海外でのプレーを補償してほしい人は1週間プランを利用すると良いでしょう。

2.割引のある3年プランがお得!朝日火災海上

朝日火災海上でも、海外補償の付いたゴルファー保険を提供しています。契約タイプはABCの3種類のみですが、3年間分の契約をすれば1年あたりのゴルフ保険料が割引されるというお得さが大きな魅力です。「ホールインワン・アルバトロス費用補償」以外は海外での事故にも対応しているので、安心して契約できます。

補償内容

朝日火災海上が提供するゴルファー保険の補償内容は、三井住友海上のものと変わりません。ただ、細かい補償額には違いがあるので、個別の補償内容をご紹介します。

全体的にバランスの良い補償内容です。基本プランが第3者に対する賠償責任補償で、自身のケガに対する補償やゴルフ用品の補償はオプションという扱いになっています。なお、ゴルフ用品補償はゴルフボールのみ補償の対象にならないので注意しておきましょう。

保険料

年間の保険料をABCの順で並べると、10,000円、6,000円、4,000円となっています。一番お得なCプランを3年契約した場合の保険料は、総額で10,790円。保険期間が長いプランで契約すると安いですね。

3.数多くの付帯サービスが魅力!東京海上日動

東京海上日動が提供しているのは、「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」。自身のケガに対する補償が基本内容で、第三者に対する補償などはオプション扱いです。

ゴルフ保険としての補償以外に、防災情報等を確認できる「事故防止アシスト」や、近くの医療機関を案内してくれる「メディカルアシスト」などの付帯サービスがいくつも付いている点が魅力となっています。

補償内容

補償内容は他のゴルフ保険と同じですが、「ホールインワン・アルバトロス費用補償」のみ国内限定の補償となります。早速、補償額をチェックしてみましょう。

以上が「トータルアシストからだの保険(ゴルファー)」の基本プランです。基本以外のパターンで契約したい人は、別途相談する必要があります。

保険料

基本のプランは2種類。保険料年間5,000円のコースと、7,500円のコースです。

それぞれのゴルフ保険の補償内容、保険料を比較してあなたにピッタリのゴルフ保険を契約してくださいね。

保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選
保険料・補償金額で比較!ゴルフ保険取り扱い会社7選